ヒーラーLOR 回復量とMPについて

ヒーラーLORの修業時代

   ロードに転職してからようやくレベルが26になった。
今でこそSR18だけど転職はSR17の時だったため継承スキルは、
 ディバインアーマーLv7、オーバーユーズLv7、魔法防御上昇Lv3、精神系状態異常耐性上昇Lv1、ホーリーライトLv7を継承。ロードのスキルに関しては基本的に必要なスキルを習得できる段階で習得していっている。

ここで、ここまでの回復魔法とその回復量、そしてLORのMPについて書いておこう。
まずは回復魔法の基本、ヒールLv6、ヒー ルサークルLv5、ミドルヒールLv1はこのレベルのまま様子見してみようと思う。ミドルヒールはともかく、どちらにしろヒールLv7、ヒールサークルLv6を習得するにはレベル30まで上げなくてはならないのだけれど現時点ではそこまで回復量に困ってもいない。
何とかSR8装備一式(一部SR10もあるけれど)を+7まで鍛錬して、4ソケすべてにPIEジェムを詰めたものを用意できたので装飾品や食事と合わせて私のPIEの補正値は32まで上がり、素PIEが32あるので合わせてPIE64、ヒール回復量上昇の職業特性がないLORでもヒールLv6の回復量は、
 コンディション好調で650〜700ほど。
私は武器にはPIEジェムを詰めていないのでいざとなればこれを神木の棍棒(PIE+9)に変えてお香を使えば回復量はもっと増えるだろう。最終的にはヒールはLv7、ヒールサークルはLv6まで習得することになるかもしれないけれど今しばらくは何とかSPを節約したい。

さて、思った以上に回復量に困ることはなさそうなのは幸いだったけれど、もう一つの不安材料だったMP不足、こちらは思っていた以上に大きな問題になりそうだった。

 レベル26で私のMPは293、これは装備品で本来のMPより110ほど増やしている状態。これでもPRIの時にあった職業特性、ヒール系スキル消費MP減少Lv1がないのは大きく、緊急時におけるヒール、ミドルヒール、ヒールといった三連続回復魔法でMPが一気に44もなくなってしまう。

また、サンジェント遺跡のストーンアーミーとラバービースト3〜5体を同時に狩るいわゆる“草アーミー”ミッションや、愛欲と淫虐の館の拷問部屋などの乱戦狩場にヒーラーとして参加した時もMPの消費が早く、特に拷問部屋に関してはディメントキャンプがなくなってからは、ゾンビの数が少なくなりかけたときを狙って頻繁にキャンプをしなくては間に合わせられないほどだった。

この体験から考えると、レベル45でヒール系スキル消費MP減少Lv1を得られるまではヒーラーLORにとってはPIEよりもMP増加の方が重要なステータスになるかもしれない。
例えば装備のステータス増加でPIE+1とMP+10があった場合MP+10の方が価値が大きいといったように。個人的な評価値はPIE+1が10だとしたらMP+10の評価値は12.5くらいの感覚。今は継承していないけれど最終的に高レベルのリジェネを継承した場合、同じようにPRIからMP増加パッシブを継承してこないとMPの消費がとても辛いのでは、と考える。

幸いなことに今私の手元には忘却のロケット(MP+45)と法螺貝のイヤリング(MP+30)がある。これらを装備できるレベル36になればMP不足の問題もなんとか解消してくれるかもしれない。
……もっとも、レベル36はとても遠いのだけれど。

アザルス暦382年5月26日

あなたにアヴルールのご加護があらんことを!

ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。